So-net無料ブログ作成
検索選択

Amazon アソシエイト署名認証対応

AmazonのAPIで署名の付加がひつようになるということで対応しました。

といっても、基本もうこのまんま使用ですませます。。→(amazon)

ところで、こことかここ説明ページサンプル例が間違っているという指摘がでてきますが

現時点で確認したところ「Nace+U3Az4OhN7tISqgs1vdLBHBEijWcBeCqL5xN9xg=」
という値でちゃんと一致している。
amazonのサンプルのページが修正されたのかな、きっと。多分。おそらく。
(注:このとき、タイムスタンプ取得箇所は"2009-01-01T12:00:00Z"固定にして試します。)

で、そのプログラムで「Examples of Other Signed Requests」の、Unsigned RequestSignedURLを生成して
例示されているSigned Requestとを比較するテストプログラムを作成して動かしてみたけど問題なさげでした。
このときの注意点は下記です。
・Unsigned RequestSignedURLの各パラメータは一旦URLデコードして使用する。
・「Steps to Sign the Example Request」ではSignatureパラメータは最後に付加してるんだけど
「Examples of Other Signed Requests」はSignatureのパラメータもabc順にソートされた場所になっている。
ソートさせる方にあわせました。

これで動くようになったので多分もんだいないはず。。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。